ブラの付け方を大公開!|自分にぴったりなブラジャーを見つけ出す方法を習得しておこう

大きくて綺麗な胸を作り出すブラジャー

ブラジャーは胸の保護だけではなく、胸を大きく見せてくれる役割もあるようです。正しい着け方を紹介しているので、参考にしてブラジャーを着用するといいかもしれません。

どのブラジャーが人気なの?BEST3

no.1

3/4カップブラ

カップの上1/4を横側からセンターに向かって斜めにカットされているので、谷間を作りたい方から非常に人気を得ていますよ!パッド付きや、ワイヤー入りのブラなら、もっと胸をボリュームアップさせることができるので話題沸騰中です。

no.2

ハーフカップブラ

カップの上半分を水平にカットしたタイプのブラジャーです。バストを丸く、しっかりと整えながら上に持ち上げてくれますよ!下部にボリュームがある、下垂がとても気になる方に最適だと言われています!

no.3

フルカップブラ

バスト全体をしっかりと包み込んでくれるフルカップブラ。カップの幅がとても幅広いため、バストが脇に流れてしまう心配ナシ!バストにボリュームがある方や肉質が柔らかい方からの支持率がアツいです。

ブラの付け方を大公開!

胸

自然な姿勢でブラジャーを付けることから始めよう

ブラのストラップに余裕を持たせて自然な姿勢でブラジャーを装着!その際に、ブラを下目に着けてしまうと、胸が垂れてしまう原因になるので気を付けるようにしましょう。その後、ワイヤーとブラカップの下部分の位置に合わせます。片手でワイヤーを支え、もう片方の手を使ってストラップを上にグイっと引き上げてください。

ブラを引き上げたら・・・

サイドベルトとカップが水平になるよう、しっかりと調節しましょう。サイドベルトのきつさは指1本入る位がちょうどいいと言われています。その次に、ストラップの長さをチェック!隙間に指一本入るくらいがベストで、着用するときは肩に少し食い込むくらいがいいですよ。緩すぎるとバストトップが下がって見えてしまうかも。

調節をしっかりしたら次のステップ!

バストが集まりやすいように、前かがみになりましょう。バストの反対側の手を背中側へ差し入れて、背中からワキへ流れたバストをカップに入れ込みすが、手を抜くとき集めたバストが逃げないように気を付けるといいです。これを左右に行ないます。

バストを流し込んだ後は微調整をしよう

バストを流し込んで、ずれてしまったサイドベルトやストラップを再度調節します。最期の仕上げとして、ワキへ逃げてしまったバストをカップの中へ!最初の時と比べると、谷間のラインがくっきり見えますし、背中がスッキリしますよ。フィッティングはしっかり行なうようにしましょう。

広告募集中